韓国伝統舞踊を知る①教坊舞

@눅수타그램_<궁:장녹수전>韓国伝統舞踊を知る_教坊舞

2018 貞洞劇場常設公演
<宮(きゅう):張緑水(チャンノクス)ストーリー>

韓国伝統公演のフィナーレ!

韓国伝統舞踊の線と魅惑的な張緑水(チャンノクス)の踊りを堪能できる<宮(きゅう):張緑水(チャンノクス)ストーリー>♩

今回は<宮(きゅう):張緑水(チャンノクス)ストーリー>の中でご鑑賞いただける韓国伝統舞踊についてご紹介します!!!

それではまず最初は<宮(きゅう):張緑水(チャンノクス)ストーリー>でお見せする華やかな妓房文化”教坊舞”です。

”教坊舞”

2018貞洞劇場常設公演<宮(きゅう):張緑水(チャンノクス)ストーリー>教坊舞_パクジヨン、イスンミン、ホンユジン

教坊舞は芸妓たちを中心に教えられ習い踊った舞のことの言います。芸妓の歌舞を管轄していた機関を教坊と呼ばれていたのでこのような名前が付いたとされています。

劇中では張緑水(チャンノクス)を探しにやってきた人たちへ、芸妓たちが華やかな教坊舞で応えながら踊りが始まります。

中間には踊りを見ている人たちに魅力を振りまくシーンも隠れているとのことです!

それらの人たちは見た目では両班の雰囲気を出しながらも、心の中ではそうでもない姿も見ることができ、教坊舞と一緒に両班を批判してるブラックユーモアを感じることができます。

2018貞洞劇場常設公演<宮(きゅう):張緑水(チャンノクス)ストーリー>教坊舞_パクジヨン、イスンミン、ホンユジン

小さな表現で、大きな印象を与え、さらに均斉の未完で風流の面白さを伝える魅力的な教坊舞!

韓国伝統舞踊の全てがご覧いただける<宮(きゅう):張緑水(チャンノクス)ストーリー>をぜひご鑑賞ください♩

貞洞パフォーマンス

2018貞洞劇場 常設公演情報
<宮(きゅう):張緑水(チャンノクス)ストーリー>
2018年4月5日開幕(日曜日、月曜日休演)
火曜日〜土曜日 16時

48ヶ月以上のお子様からご鑑賞可能です。

スタッフ
振付_ジョン・へジン、演出_オ・ギョンテク、作家_キョン・ミンソン、作曲_キム・チョルファン、美術監督_パク・ドンウ、照明デザイン_シン・ホ、映像デザイン_ジョン・ジェジン、衣装デザイン_イ・ジョンフン、扮装デザイン_キム・ジョンハン、舞台道具デザイン_キム・サンヒ

ご予約は貞洞劇場ホームページで承っています〜!!!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です